うさぎの草むしり堂
主にオンラインゲーム(ラグナロクオンライン等)と日常についてつづられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1?6 命の重み(2)
 目の前で起こった事故はボクから母親を奪い去った。
 血の海に沈む母親の無残な姿が今でもボクの瞼にはっきりと映っている。
 誰かが目の前で死ぬことがこれほど恐いものだと思わなかった。
 だからこそ、ゲームだろうがなんだろうが死ぬということに対して過剰に反応してしまう。

 街に戻って合流をしたボクとユーリはいつものベンチに座っていた。
 現実世界で震えているボクがいることを知らないユーリは黙ったまま座っていた。
 時間だけがただ流れていき、気がつけば三時間ほど進んでいた。

 画面を見るとそこにはユーリが何も言わずに座っていた。

【まだいたの?】

 少し落ち着いたボクは彼女に声をかける。

【ずっと黙ったままならどこか行けばよかったのに】
【おかえりなさい】

 ボクの言葉を遮るように彼女は答えた。

【ずっと静かだったのでどうしたのかと思いました】
【待ってたの?ここでずっと?】
【他にすることもないですし、それになんだか様子が気になったのでずっといました】

 三時間という時間をただボクを待っていたと言う彼女が信じられなかった。
 どうしてそんなことはできるのか不思議でならなかった。

【時々、お手洗いにも行きましたけど、それ以外はずっと待っていました】

 そうまでして待つ必要なんてどこにもないのに、とボクは思った。

【それと謝りたくて】
【謝る?】
【私の不注意でやられてしまったことであなたに迷惑をかけてしまったことです】

 彼女はそのことでボクが気分を害したのだと思っているらしい。
 あの時は確かに八つ当たり的なものがあったが今は違っていた。

 死ぬということの恐怖から抜け出せない自分の弱さを彼女に知られたくないからつい怒りを表に出してしまった。

【やっぱりアコライトでは限界がありますね】
【それは・・・・・・】

 彼女なりにそのことを気にしていたのだろう。
 そしてボクは彼女の気持ちをきちんと理解していなかったことで余計に追い詰めているように感じた。

【迷惑ですよね・・・・・・。私のようなのがいたら】
【そんなことはない】

 ボクはやるせない気持ちになった。

【そ、その・・・・・・・】
【なんていうか・・・・・・】
【ボクも悪かったから・・・・・・】

 きちんと言葉にできないボクは慌てた。

【約束しているのならそれを守るべきだよ】
【シン?】
【そのために足手まといなんて思って欲しくない】

 彼女の力が不足しているのならばそれをボクが補えばいい。
 そしてやられないように細心の注意を払っていけばいいだけなのだと。

 
スポンサーサイト
1?5 命の重み(1)
 二人で狩りをしたり話をすることに慣れてきたボクだが、相変わらず他の人とのコミュニケーションはまったく進展しなかった。
 そのことを察してかユーリも誰かを紹することもせずボクとペア狩りをしてくれていた。
 しかし、騎士のボクと違ってアコライトのままの彼女は油断するとモンスターに襲われて瀕死になってしまうことがこのところ増えていた。

【すいません・・・・・・・】

 申し訳なさそうに謝る彼女にボクは転職を何度か勧めた。
 しかし、いつ戻ってくるかわからない友達との約束のためこのままでいると頑なに転職を拒んだ。

【でもこれ以上、新しいところが増えていってもアコライトのままでは辛いと思う】
【わかっています・・・・・・】
【転職したほうがもっと効率よく狩りもできる】
【それもわかっています・・・・・・】

 この調子でいつもボクは説得するのをやめてしまう。
 頑固すぎるのも考え物だと思ったがそれを訂正してくれとは言わなかった。
 転職してプリーストになっていたならばさほど問題にもならないことだが、アコライトのままではすぐにSP(スキルポイント)が切れてしまい、自分の支援までまわらなくなってしまう。
 そのために横沸きや少し距離が離れるとモンスターに襲われていた。

【今日は戻ろう】
【はい・・・・・・】

 自分で用意していた回復アイテムも底をついて、これ以上は無理だと思った。
 ワープポタを開こうとしたその瞬間、彼女の横にモンスターが沸いた。
 ボクのHP(ヒットポイント)は1000ほど残っていたが、彼女はほとんど瀕死に近かった。
 一発でも攻撃が当たればやられてしまう。
 距離的にボクが攻撃するよりも早くモンスターが彼女に攻撃をした。
 あっさりとやられて倒れこむユーリにボクは愕然とした。

 今まで危ない場面はあったものの一度もやられたことはなかった。
 それが今目の前で彼女がやられた。
 敵を何とか倒したが、イグドラシルの葉を持っていないボクは彼女を起こすことができなかった。

【やられちゃいましたね】

 どこか苦笑いをしているように思えた。

【ど、どうして回復しなかったんだよ】
【ポタ出している最中でしたからどうすることもできませんよ?】
【その前だよ】

 ワープポタを出す前に回復しておけばこんなことにならなかった。
 そして守れなかったボクの弱さが苛立ちをさらに高めていく。

【そうでしたね。もう戻るだけだって思って油断していました】

 ゲームなのだから街に戻れば復活できる。
 だからそんなに怒ることでもなかった。
 でも、ボクはそれが嫌だった。
 誰かが死ぬということが・・・・・・。
1?4 コントロール
 ほとんど現実世界のことを愚痴ってしまったボクは何を話しているのだろうかと思った。

【ごめん】

 ボクの愚痴なんて聞いてもなにも楽しくないのについ話してしまったことを後悔していた。

【謝ることなんてないですよ。私だって愚痴りたい時もありますから】

 ユーリは気にしないでと言う。
 年上の女性は大人だなぁと思ったが、それを言うことは相手に対して失礼だったので口にはしなかった。
 何にしても人に愚痴るというものはその人にとっては迷惑なことなのではとボクは思った。

【でもこの世界は素敵ですね】
【どうして?】
【知らない人とこうして友達になって話をすることです】

 それはただ単に顔が見えないからではと思った。
 言葉だけで人を判断することは簡単なことではない。
 いい人だと思っていても実は人を平然と裏切ったり傷つけたりする。
 それが嫌で現実逃避をする人もいたり自殺をしたりする。

【一人になってから私は何をすればいいのかずいぶん悩みました】

 ずっと一人だったボクからすれば彼女は羨ましかった。
 待っている人がいる。
 友達と呼べる人がいる。
 それに比べてボクは何一つ彼女が持っているものを持っていなかった。

【こうしてシンと一緒にいることでその悩みも少し解決できました】
【ボクはなにもしていないけど?】
【いえ、こうして話ができるだけでも嬉しいですから】

 そんなことを言われたのは初めてだった。
 ボクと話すことすら嫌がる人もいれば存在すら認めてもらえないこともあった。

【変な人だね】

 どう答えたらいんかわからないボクはそう答えた。

【はい】

 別に褒めているわけでもないのに彼女は嬉しそうに頷いた。
 そう感じた理由もわからなかったが、ボクはそう思った。

【現実世界だともっと変な人ですよ?】
【どう変なの?】
【それは秘密です】

 こんな何気ない会話をするのはもしかしたら初めてかもしれない。
 何も飾ることなく話し合える。
 友達というものはこういうものなのだろうかと思った。

【さて、そろそろ狩りに行きますか?】
【どこいきたい?】
【お任せします】

 任せられてもボクは自分から動くことはなかったので断るが、ユーリは頑としてボクに決めさせようとした。
 仕方なくボクはダンジョンに行くことを提案すると彼女は賛成をした。

【しっかり支援しますから騎士様は頑張って倒してくださいね】
【了解】

 ボクを頼りにしてくれるのならばそれに応えるべきなのだろう。
 ボクたちはそうしてダンジョンへ向かっていった。

 
1?3 知られる恐怖
 アコライトの『ユーリ』と知り合ってからボクは少しだけ人と話すようになった。
 といっても彼女が話し掛けてくることに対して「うん」「そうだね」「そう」そういった簡単な受け言葉だけだった。

 会話を楽しむどころかなぜ彼女といるのかよく不思議に思う。
 彼女は狩りをするときはいつも支援を重点的にしていた。
 そのおかげもあって今までにないほどのスピードでボクの狩りは順調に進んでいく。
 
【少し休憩しませんか?】

 二時間ほど狩りをしたあとボクたちは首都のベンチに座った。
 ゲームなのだからどこに座っても同じだと言うと、

【こういうところだからこそ、ベンチとかに座りたいんです】

 変なところにこだわるとボクは思った。
 パーティーを組む時はいつも彼女が作ってくれてその中にボクは入っている。
 だから忘れがちになることもある。

 経験値はきちんと入っているのだろうかということだった。
 公平にしなければ経験値を独り占めしてしまうことを彼女は気付いているのだろうか。

【大丈夫です。こう見えてもあなたとほとんどレベルは変わりませんから】
【じゃあ、どうして転職をしないの?】

 一定のジョブレベルが上がれば誰でもその職の上位職になれるはずなのに彼女はずっとアコライトのままだった。

【約束みたいなものでしょうか】
【約束?】

 彼女の友達もこのラグナロクをしていたことを話した。
 始めてプレイした彼女とその友達はいつも一緒に遊んでいた。
 だが、現実世界でその友達は遠くに引っ越していったらしく、それ以来何一つ連絡もなくなってしまったらしく、一緒に転職をしようと約束を頑なに守っていた。

【いつかこの世界に戻ってくる時まで転職はしないと決めているんです】

 友達思いなんだとボクは彼女を見た。
 そんなことを思えるほど仲の良い友達なんてボクにはいなかった。
 友達だと思っていても相手は嫌そうな顔をしたり影で文句を言っていたことを何度も聞いたり見たりしていた。

【シンはどうして一人でプレイするのですか?】

 この世界で初めてボクの名前を呼ぶ彼女の問いにすぐに答えられなかった。
 目の前を何人もの人が通り過ぎていく。 
 その様子は現実世界とはまったく違っていた。

【現実世界だとボクはずっと一人だった。誰も助けてはくれない。誰も近づいてこない。だからボクから行くとみんな逃げていく。一緒のクラスだってことだけで嫌がられ、人間扱いをされなかった】

 淡々と話しているボク。

【この世界を知って何気なく始めて、誰も自分の事を知らないんだって思っていた。でも、現実世界の話をしているのを聞いたら、もしかしたらボクの存在に気付いてまた何か言われるのではって思うと急に恐くなって今まで一人でいた】

 そうすれば誰にも気づかれることなく自分なりに楽しめるのだと言い聞かせていた。
 彼女はただうなずくだけでボクの話を聞いていた。
1?2 始まり
 何日かするINすることなく過ごしていて、思い出したようにラグナロクに入ると誰かがそこにいた。
 あの時のアコライトだった。
 ボクに気付いたのかエモーションをだして、声をかけてきた。

【こんにちわ】

 まさかとは思ったが、そのアコライトはずっとここにいたのだろうか。

【ずっと入られなかったので心配していました】
【心配?】
【せっかく知り合えたのですからお友達になってほしくて待っていました】

 ボクのような人間と友達になろうとしているアコライトの気が知れなかった。
 現実のボクを知ればどうせ離れていくだろうと思って、今の現実世界での生活を話してみた。
 一方的に話し終わると、アコライトは黙ったまま座っていた。

【引き篭もりのボクなんかと仲良くなっても仕方ないさ】
【そうでしょうか?】

 意外にも反論をしてきたアコライトにボクは少し驚いた。

【私もあなたと同じ引き篭もりのようなものですから】
【同じ?】
【両足を事故で歩けなくなって何をするにも自由がきかなってしまいました】

 今度は彼女が現実世界のことを話し始めた。
 事故にあったのが今から一年前。
 救急車で病院に搬送する時に、どこの病院も受け入れを拒否されてしまい何時間も苦痛に耐えてようやく受入先を見つけた時には手遅れだった。
 もう二度と歩く事ができないと診断された彼女は大学も休学して家の中だけの生活を余儀なくされた。

 そんな時にオンラインゲームを知った彼女は退屈な時間と唯一つ自分が自由にできる世界があると知って始めた。
 何人か友達もできて、ギルドと呼ばれるチームのようなものに入っていたが些細なことで解散してしまい今は一人でいた。
 そこへいつもソロをしていたボクを見つけて何かを感じたと言っているが、ボクからすればただの迷惑のように思えた。

【お友達になってもらえないでしょうか?】

 迷惑だからといってこのまま無視することができなかった。
 まったく赤の他人なのに自分のことを話している彼女とボク自身。
 どうせこの世界でしか会うことがないのだからと思ったボクは二つ返事でOKをした。

【ボクはリアルとこの世界での関係を一緒にはしたくない。あと、敬語はやめてくれない?】

 簡単な事なのに彼女は悩んでいた。

【わかりました。できるかぎり頑張ってみます。でも・・・・・・敬語だけは許してくれませんか?】

 それだけはボクが何度断っても変えたくなかったようだった。
 結局、押し切られたのはボクで一つの条件だけで友達になる事になった。
1?1 出逢い
 ラグナロクオンラインを始めて一ヶ月。
 特にボクの生活が変わったわけではない。
 あるとすれば週一回の登校日がなくなり本格的に引き篭もりになってしまったことだった。
 父親は何も言わずにボクの好きなようにさせてくれた。

 そしてゲームの中でもボクは一人だった。
 一般的にいう「ソロプレイヤー」であって、ノービスから剣士へ、剣士から騎士へと転職してレベルも70まで上がった。
 店売りの装備、店売りの回復アイテム、何もかも自分で稼いで買っていくだけの単調な作業に思えたが、倒せない敵や行ったことのないフィールドになると面白くて飽きることはなかった。

 今日もある程度のレベルを目指して狩りを勧めていき、一息つくためにプロンテラ(首都)に戻ってきた。

 最近知ったことだが、首都の南で臨時公平パーティーの募集をしていた。
 ずっとソロプレイヤーだったボクからすれば見知らぬ他人と一緒にゲームをすることに何の意味があるのだろうかと思っていた。

 その臨時募集の位置から少し離れたところで隠れるようにしてキャラを置いて一時間ほど放置していた。
 休憩から戻ってきて今日のノルマを達成しようとキャラを動かすと、誰かが近くにいることがわかった。

 『ユーリ』
 カーソルを合わせるとそこにはそう名前が書かれていた。

【こんにちわ】

 いきなり挨拶をされた。
 無視をしようと立ち上がって離れていこうとするとなぜか追いかけてくる。

【あ、あの】

 声を何度かけられても無視して歩く。
 声をかけてきた主は女のアコライトだった。
 
 俺と同じで初心者なのだろうとかと思ったが、関係ないと決め付けて無視し続けた。
 しかしなぜだろうか、引き離せなかった。

 ペコペコに乗っているはずなのにアコライトと距離が離れるどころか一瞬動きが止まれば縮まっているように思えた。

 フィールド上を歩き回っても付いてくるアコライトにいい加減うんざりしたボクは人気のない隅のほうで止まった。

【俺に何か用?】
 
 実際に顔をあわせない仮想世界だから無愛想に思われるかどうかわからなかった。

【初めまして】
【だからなに?】
【ナイトさんですよね?】
【だから?】

 まったく話しかみ合っていなかった。
 そのアコライトは自分から話し掛けてきてこっちの質問を無視していた。
 自分の名前からこのゲームの楽しいこと、そして聞いていない事を次から次へと話してくるのをボクは相手にした事を後悔していた。

【あのさ、何が言いたいわけ?】

 このまま話させているといつ終わるかわからないのでとりあえず中断させた。

【すいません。自分の事ばかり話してしまって】

 ようやくこっちの話を聞いてくれたようで話が止まった。

【ずっと気になっていたんです】
【は?】
【いつも一人で狩りをしていてナイトまでなった人だって思って、お友達になりたいと思いました】

 たったそれだけで友達になろうとしているアコライトにボクはなんと言えばいいのかわからなかった。
 とりあえず、この場から逃げるように、

【今日はそろそろ落ちるから】

 そう言って無理にログアウトした。
 
プロローグ
 この世界は初めから何もかもがおかしかった。
 机の上だけで勉強といって最低限の学習が誰よりもできていれば偉いとか将来有望などと言っている。
 確かにそんな人間はいる。
 でも、ほとんどが発想力のない機械的なことしかできない。
 ボクはそんな現実世界が嫌いだった。
 
 小学生のときに母親を事故で失い、家庭を顧みずただひたすら会社のために働いている父親と二人で暮らしていた。
 中学まで普通に学校に行っていたが、高校に入ってからはほとんど自分の部屋に篭り何をすることなくただ時間を消費していた。

 現実世界にはボクを動かす何者もない。
 存在する事に何か意味があるのだろうかと考えると、対して何も思い浮かばなかった。
 母親を失う前と今、何一つ変わる事はなかった。
 父親は葬式の次に日には何食わぬ顔で会社に行ったのに、ボクは学校に行けなかった。
 会話のなくなった家にボクはいつも一人で与えられたお金で弁当を買っては食べての繰り返しをして今も同じような生活を繰り返していた。

 高校にも週に一度は顔を出しに行く程度で初めは気にしていた同級生も慣れてしまうとこの日にボクがやってくるとわかっていき、誰も反応をしなくなった。
 声をかけることもなく、教師もボクがいようがいまいが関係ないといった顔をしていた。

 そう、ボクはどこにも居場所なんてなかった。
 そう思っていたある日。

 週に一度の登校をしたボクはその帰り、クラスの何人かが集まって話をしていた。
 特に興味のなかったボクはそのまま通り過ぎようとした時、

「ラグナロクっていうのが今面白いんだ」
「知ってる。今、テストプレイしているやつだろう?」

 時々耳にする「オンラインゲーム」ってやつだとボクは思った。
 RPGのようなものをインターネットに接続して全国、もしくは世界中の人間と交流を交えながら遊べるものらしい。

 しかし、ボクの家にはオンラインゲームをするためのインターネットを接続していなかった。
 だから興味を示してもすることができなかったのでそのまま忘れる事にした。

 それからしばらくして、クラス中でその話を聞くことになった。
 そこまでしてオンラインゲームというのが面白いのだろうかと思ったボクは母親を失ってから初めて父親に自分から話し掛けた。

 父親は特に反対することなくすぐにその手続きをしてくれた。
 引き篭もりがちなボクに気を使ったのだろうかどうかはわからなかったが、ボクはとりあえずお礼を言った。

 そしてインターネットを接続してすぐに噂の「ラグナロクオンライン」をするためにボクは部屋の中で準備を始めた。

 IDやパスワードの設定。
 キャラクターの設定。

 どれもこれもが普通のテレビゲームのRPGのような感覚だった。
 ボクの名前をローマ字で入力して始まった。

 そして初めて見る「ラグナロクオンライン」のフィールド。
 現実世界で歩むことをやめかけているボクがこの仮想世界で動き始めた瞬間だった。
オンラインゲーム小説開始
 この小説はオンラインゲームを通して主人公やその周りにいる人々のごく当たり前の日常をつづったものです。

 主人公のヒロは特に何か夢を持っている、自分から何かをするということがない自主性に乏しい少年。

 何気なく学校で聞いたオンラインゲームにほんの少し興味を持ったヒロは自分の部屋にオンライン環境を整えてゲームを始めるところから、彼のゆっくりと動いていた時間が小走りのように動き始めていく。

 やがてヒロが今ままで感じなかったたくさんの思いが彼を変えていくことになる。

 これはオンラインゲーム「ラグナロクオンライン」を元に描かれているため、全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

 次回更新より開始いたします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。