うさぎの草むしり堂
主にオンラインゲーム(ラグナロクオンライン等)と日常についてつづられています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ限定小説:Snow Sky
第二幕 降り続く夢の雪



降り注ぐ雪は長い時間をかけて目に映るものを白く染めていく――――

なのに光が当たるとそれは少しずつ溶けていき

やがて消えていく――――

溶けた雪は元には戻らない――――

どんなに冷たくしてもどんなに願っても

もう二度とその姿を作る事は出来ない――――

あなたは溶けていくボクを必死になって助けてくれた――――

なのに――――

あなたが溶けていく姿を見てもボクは何も出来ない

ただ――――

何も出来ない自分の無力に心が壊れていくだけ―――

雪はやがて水になってどこかに消えてしまうのと同じ――――

ボクもあなたの前から、あなたもボクの前から消えてなくなるのかな――――










 雪が振る毎日。
 時々、青空が見えてもすぐにまた白い雲がその姿を隠していく。
 ベットから起き上がることが出来て、体のケガも治ってから何日か過ぎた。
 なんでもない毎日の中でボクは今日もみかど様の横で本を読んでもらっていた。
 みかど様は会社の社長さんをしているからいつも一緒にいるわけはないけれども、時間があるときはこうして本を読んでくれていた。
 
「失礼します」

 本を読んでもらっていると桜さんの声が聞こえてきた。
 決まった時間になると桜さんが飲み物とお菓子をもってきてくれた。
 桜さんの淹れてくれる紅茶はすごく美味しく、お菓子も自分で焼いたクッキーやパンなどで美味しかった。

「今日はどのような本をお読みなのですか?」

 丁寧な手の動きで紅茶をカップに入れてボクとみかど様に渡してくれた。

「今日はうさぎとカメの競争だよ」
「まぁ」

 少し驚く桜さんはすぐに微笑む。
 両手でカップを持って、紅茶を飲むボクを二人は優しく微笑んでくれる。

「月姫様といらっしゃる時の帝様は楽しそうですね」
「うん。月姫がいてくれるから会社で嫌な事があっても我慢できるよ」
「あらあら」

 二人の話は難しいからボクにはわからなかったけれど、みかど様が笑ってくれているのならボクも嬉しくなる。

「でも、月姫様がいらっしゃってから帝様はあまり考え込むお姿はお見受けしなくなりましたね」
「そうかな?」
「そうなのですか?」

 二人の話にボクは口をはさんでしまった。

「あっ――――。すいません――――」

 話を止めてしまって申し訳なく思った。

「謝る事はないよ」

 みかど様はそう言ってボクの髪を撫でてくれる。
 いつ撫でられても気持ちいい。

「で、でも――――」
「うん?」
「お体だけは大切にしてください」

 恥ずかしく思いながらも、みかど様の事が心配だから言った。

「ありがとう。月姫がこうしていてくれるだけで安心するから」
「みかど様――――」

 そう言われるとなぜか胸の辺りが苦しくなる。
 でも、不思議な気持ちになる。

「そういえば、桜さんから聞いたけど『様』ってつけられるのが嫌なの?」

 その事にボクは頷く。
 みかど様に拾われてから何日か過ぎた今でも、みかど様以外の人、桜さんやこのお屋敷で働いている人たちから「月姫様」と呼ばれている。
 何度かお願いしたけれども、結局誰も聞いてくれないので不安に思っていた。

「月姫様は帝様の大切なお方です。それを呼び捨てなどにはできませんわ」
「で、でも――――、ボクは自分のことがわからないのに、こうしていさせてもらっているだけだから――――」

 今着ている服、毎日食べさせてもらっているご飯などに対しても何も言う前に準備されていて、ボクはどうしたらいいのかわからないまま、回りの人たちに任せるしかなかった。

「それはお気になさらなくてかまいませんわ」
「で、でも――――」
「私は月姫様がこのまま帝様の奥様になっていただきたいとも思っているぐらいです」
「さ、桜さん」

 みかど様は慌てて桜さんに声をかけた。

「あら、私だけではありませんわ。他の皆様も同じ事を思っていますから」

 どこまでも嬉しそうに桜さんはみかど様に言う。

「まぁ、それは月姫にも聞かないといけないことだし、今はこのままが一番だよ」
「そうですわね」

 二人はそう言ってまたボクに微笑みを向けてきた。
スポンサーサイト
ぐったり
 最近、ROをすることが極端に少なくなった理由が、

 1:臨時募集がほとんどなくなった。
 2:サーバー落ちが激しすぎる。
 3:スキル変更したほうがいいかもしれない。


 などといったことが上げられて、どこかやる気が起きない日々を過ごしていました。

 昨日、ROでの旦那様である人につい愚痴ってしまいました。(言った後かなり申し訳なく思ってしまいました。 滝汗)

 親身になって話を聞いてくれたおかげで少しは持ち直せました。
 こういうときに相方様がいるといろいろと救われる事があってうれしいことです。
 狩りだけの相方ではなく、幅広い意味での相方でいたい、そう私は思っているのですが、どうも弱々しい気持ちになってしまい、すがってしまっているのが現実でした……汗

 だから、話を聞いてくれただけでもすごくうれしかったなぁっと思っています♪
ブログ限定小説:Snow Sky
第一幕 夢から始まる物語(5)



 体をタオルで拭いてもらっている間、ボクは女の人、水月桜さんからいろんな話を聞いた。
 街でボクが倒れているところを助けてくれたあの人、雪代帝様(桜さんがそう言っていたので同じように様をつけてるんだけど)がこのお屋敷に連れてきてケガの手当てをしてくれた。
 誰にも任せることなく、ボクが目覚めるまでずっと傍にいてくれた事などを桜さんは話してくれた。

「優しい人なのですね、帝様は」
「はい、私たち使用人にとっても素晴らしいお方ですわ」

 桜さんに新しいパジャマを着させてもらいながら、入り口の外にいるはずの帝様を想った。

「でも――――」
 
 パジャマをキッと握り締めた。

「ボクなんかが、いつまでもここにいたらお邪魔になりますよね?」

 ケガが治ればすぐにでも出ていく。
 迷惑をかけたくない。
 そんな思いを持つボクを桜さんはこう言ってきた。

「心配ありませんわ。帝様も迷惑だなんて思ってなどおりませんよ」
「で、でも――――」
「それに、あなた様をここにお連れしたときの帝様は今まで見たことのないほど慌てていらっしゃいました。ずっとあなた様のことを心配なさっておいでですよ」

 それはあの人が優しいからなのでは、と言う前に桜さんは続けていってきた。

「お邪魔になるとかご迷惑をかけるなんて思わなくてもかまいせんから」

 ボクの後ろに立って髪にくしをいれてといてくれた。
 
「だからあなた様がここにいたいだけいてくださいばよろしいのですよ」

 記憶のないボクがここを出て行っても帰る場所などどこにあるのかわからない。
 それならば、どこにも行かずに記憶が戻るまでみかど様の近くにいてもいいのかもしれない。

「桜さん――――」
「はい?」

 お世話になるのなら何かをしてお礼をしなければと思ったボクは桜さんにお願いをした。

「ここでお世話になっている間だけでいいです。ボク、一生懸命働きますから何かさせてください」

 拾ってもらった上、こうしてケガの手当てまでしてもらったのだから何かしたい。
 でも、ボクは何が出来るのかわからない。
 働いたとしても失敗ばかりしてかえって迷惑をかけるかもしれない。
 不安だらけだけどお礼はしたい。
 ボクのお願いを桜さんは黙ったまま髪にくしをいれながら聞いてくれた。

「そうですね」

 くしを離して、何かを髪に結んでいくのがわかった。
 そして、棚に置いてある小さな鏡をボクの前に持ってきた。
 その中にいるボクの後ろ髪に紺色のリボンが結ばれていた。

「では、帝様の近くにいていただけないでしょうか?」
「みかど様の――――?」
「はい。ずっとお一人でしたので、誰か話し相手がいてくださればと思っていたところです」

 お話するぐらいならボクにでも出来るかもしれない。
 桜さんに「する」と言うと、優しく微笑んでくれた。

「それでは帝様と代わりますね」
「は、はい――――」

 桜さんはボクに丁寧におじぎをしてくるので慌てて同じようにおじぎをした。
 ドアを開けて桜さんが出て行く何か話してからみかど様が入ってきた。

「少しは楽になった?」
「は、はい」

 いすに座りボクの方を見てくる。
 じっとみていると、優しい目をしている事がよくわかったけれど、あまりにも見すぎるとなぜか体が熱くなる。

「桜さんから聞いたけど、私の話し相手になってくれるの?」
「は、はい」
「そう。ありがとう」

 そう言ってみかど様はボクの髪を優しく撫でてくれた。

「み、みかど様――――」
「みかど」
「えっ――――」
「様なんて付けなくていいよ。月姫にはみかどって呼んで欲しいから」
「で、でも――――」

 いきなりそんな事を言われてもどうしたらいいのかわからない。

「み――――」
「うん」
「み、みか――――ど――――」
「うんうん」

 みかど様はどこか楽しそうに頷く。

「――――さま」
「み―か―ど」

 ボクの顔の近くまでみかど様が近づいてきておでこ同士を当ててきた。
 その瞬間、ボクは何も考えられなくなり体中が沸騰するぐらい熱くなった。

「みかどって呼び捨てするまで離れないよ」

 このままだと自分がどうにかなってしまう、そんな気がしたので仕方なく、

「み―か―ど――――」
「うん。よく言えました」

 みかど様は嬉しそうな顔をした。
 それでもみかど様と呼ぶほうがいいとボクは思うしこんなに恥ずかしくなることはない。
 そう決めたのに目の前で微笑んでいる姿を見ると言えなくなってしまう。

「さあ、もう一度呼んでみて」

 ボクは諦めるしかないと思った。
 そして、

「み、みかど――――」
「うん」

 どこまでも嬉しそうにみかど様は微笑んでいた。

 そして、最後の最後までボクは「様」を付けて呼びかける事が出来ずに過ごす事になった。
キャラクタースロット増加?
 昨日、久し振りにROをしていると、
 
 「キャラクタースロットが増加する」
 
 という、話が聞こえてきたのでさっそく公式HPにアクセスしてみると、まさにその通りでした。

 長い事、誰もが思っていたことが今月ようやくかなうのは誠に嬉しい事ですね。
 最近は、あまりINすることができないため、これで少しはやる気(?)がでてきたらいいなぁっと思っています(笑)
ブログ限定小説:Snow Sky
第一幕 夢から始まる物語(4) 



 目を覚ましてふとんから顔を出すと、窓からは眩しいぐらいの光が差し込んでいた。
 
「目が覚めたみたいだね」

 その声のだどっていくと、あの人がいた。

「何度か起こしたけど、起きなかったからそのまま寝かせてあげてたら朝になってたよ」

 そう言いながら手を伸ばしてきてボクの髪を優しく撫でてくれた。

「ずっと――――」
「うん?」
「ずっと――――起きていたのですか?」

 まさかそんな事はないと思っていたボクはその人の答えを聞いて驚いた。

「いつ目が覚めるかわからなかったから本を読んでたよ」
「ほん――――?」
「うん」

 ずっとボクが起きるのを待っててくれていたんだと思うと、不思議な気持ちになった。
 胸の辺りが落ち着かない――――そんな感じだけどなんなのかわからなかった。

「朝ごはんになっちゃったけど、食べれそうなら食べる?」

 その人は近くある棚から白いお皿にのせた小さな白い『何』かをボクに差し出してきた。
 何なのだろうかとじっと見ていると、「おいしいよ」と言ってきたので両手にとってゆっくりと口の中に入れていった。

 何度か噛んでいくと、不思議な味がした。
 『それ』を1個食べ終ると、それがおにぎりだったことを思い出した。

「もう1個食べる?」

 ボクは頷いてもう1個のおにぎりをもらってゆっくりと食べた。
 その人も残っていた1個のおにぎりを食べた。
 2個のおにぎりを食べておなかいっぱいになったボクは手についているおにぎりの粒を口でとった。

「私が握ったから味が不安だったけど、美味しかったかな?」
「あ、はい――――。すごく美味しかったです」
「よかった」

 嬉しそうにその人は微笑んでくれる。
 それがまたボクも嬉しくなって同じ気持ちになった。
 
「体の方は痛みとかはもう消えた?」

 お皿を片付けながら、その人はボクの体のことを聞いてきた。

「まだ――――少しだけ痛いです――――」
「じゃあ、今のうちに体を拭いていたほうがいいね」
「?」

 どうして体を拭くのだろうとボクが思っていると、入り口から何か音が聞こえた。

「失礼します」

 そう言ってドアが開いて女の人が入ってきた。

「彼女にお願いして、月姫の体をきれいに拭いてもらおうと思ってね」
「?」

 まだ何がどうなっているのかわからないボクを横に、その人と女の人は何か話していた。

「それでは失礼しますね」

 女の人はそう言って一度出て行ってからすぐ何か入れ物を持って帰ってきた。
 そして、棚にその入れ物を置いてから、タオルを入れていった。

「私は外に出ているから終わったら呼んでね」
「かしこまりました」

 女の人はその人に丁寧な言葉を使っているなぁと思った。
 でも、知らない人と二人になるのは嫌だったのでその人を引きとめようと手を伸ばして服をつかんだ。

「いて――――ください」

 ボクはその人がいないと不安で仕方なかった。
 
「うーん、それはできないよ」

 あっさりとボクのお願いを断られた。
 わがままばかり言っていたから嫌になったのかと思った。

「別に悪気があってじゃないよ。ただ――――」

 どこか困ったような顔をするその人は、女の人のほうを見た。
 
「それでは殿方が困るのですよ」

 その人と同じように優しく女の人が言う。

「どうしてですか――――?」

 何が困るのだろう。
 ボクは自分の体を見られたからといって何も恥ずかしいものはない。
 ただ、その人が近くにいてくれないと不安で体が震えてしまう。
 それだけなのに、どうして困るのと不思議に思った。

「月姫が女の子だからだよ」
「あなただって――――」

 続けようと思ったけれどもそれよりも早く女の人が話してきた。

「この方はこの家の主様で、雪代帝様といいましてれっきとした男性ですよ」
 
 女の人がそういう言っても、その人は男の人には見えない。
 だんだん頭が混乱してきたボクをその人は困ったようにこう言った。

「そういうことだよ。私にはきちんと名前もあるしここが自分の部屋だってこともきちんとわかってるよ」

 目が覚めた時に言ったことはウソになるということなのに、ボクはそこまで理解できなかった。

「騙してごめん。でも、そうしたほうが月姫も安心するからって言われたから――――」

 そう言って頭を下げるその人にボクは何をどういえばいいのかわからなかった。

「とにかく、話は後でしよう。今は彼女に任せて」
「はい――――」

 そう言うのだからそうしようとボクは思い、その人が出て行くのを不安に感じながら見送った。
オーディン神殿のおでん屋さん
 日曜日は1日ROを珍しくしていました。

 狩ばかりしていたのでたまには「遊臨」に参加してオーディン神殿にいきました。










 (;゜д゜)

 なんでしょう……。

 タナトス7階やジュピダンジョン、生体ダンジョンに比べてお話にならないほど敵が強いです。

 入り口に入るといきなりヴァルキリー(ゴースト)様がにこやかなお顔で「いらっしゃいませ」と言いながら襲ってきました。(((((;゜д゜)))))

 正直な感想、


「怖いところです」(。T_T)。
右ひざ全治1ヶ月
 今日もうる覚えですが、変な夢を見てベットから転がり落ちて怪我をしているところを打ち付けて悶絶しながら目が覚めました。

 おはようございます。

 昨日、病院に右ひざの治療のため行くと、MR検査を受けさせられ、その結果、


「全治1ヶ月 要安静」

 という、ありがたくもない宣告を受けました。

 人間、自分の体になにか不調があると、気分もなんだかなぁって思ってしまうことがあると思います。
(ぇ、そんなことは私だけ?)

 まぁ、1ヶ月、やんちゃできないので安静にしています。(*´ω`)
ブログ限定小説:Snow Sky
第一幕 夢から始まる物語(3) 


「目をあけてごらん」

 髪をといてくれている間、ボクは目を閉じていたのでゆっくりと言われたとおりにした。
 目の前にはおでこに包帯、ほっぺたに白いガーゼ、ひと目で大ケガをしていますって言われてもおかしくないそんな姿にボクは消えていた怖い感じが出てきそうになった。
 それを振り払うかのようにボクはその人の方を向いた。

「正面からはわかりずらいね。少し顔を横に向けてみて」

 言われるままに顔を少し横に向けて鏡の中の自分をもう一度見た。
 すると何かが髪についていた。
 それが何なのかとその人に顔を向けると、優しく微笑んでくれながらボクが聞きたいことを答えてくれた。

「せっか、こんなにも長いくてきれいな髪をしているんだから、少しはオシャレしたほうが可愛いと思ってね」
 
 その人はボクから鏡をとり、ボクの髪を手にしてじっと見つめていた。
 ボクは少し困った。
 目が覚めてからどれぐらい過ぎたかわからないけど、そこまで気にすることもなかったのにこの人はボクの髪をきれいだと言ってくれる。
 でも、ボクはきれいなのかどうなのかわからない。

「本当に――――」
「うん?」

 本当に言っても仕方ないと思っていても聞きたかった。

「本当に――――きれいですか――――?」

 こんなことを言うとまたこの人に迷惑をかけてしまう。
 安心できるからといって何を言ってもいいなんてことはないのに、言ってしまう自分が情けなく思えた。
 その人も驚いているのか、笑顔が消えてボクをじっと見てくる。

「あ、あの――――」
「うん、きれいだよ」

 ボクが謝るより早く、この人は優しく答えてくれた。
 たったそれだけのことなのにボクは嬉しくなった。

「ほ、本当――――ですか?本当にきれいなのですか?」

 嬉しくてつい、体に力を入れてしまって痛みがやってきてベットに倒れてしまった。

「だ、大丈夫?」
「す、すいません――――」

 心配させてはいけないと思って、笑って見せるとまだ心配そうにボクを見ていた。

「本当に大丈夫?」
「はい。あなたに言われて嬉しくって――――」
「まだ体の傷が治っていないんだから無理はしたらだめだよ」

 ボクは小さく頷いた。
 ふとんをかけてもらっている間、ボクはこの人に言われた「きれい」っていう言葉を繰り返し心の中で繰り返していた。
 
「寝ているときははずさないと髪をいためてしまうからはずしておくね」

 その人の手が伸びてくると、

「あっ――――」

 と、声が漏れてしまって、それが聞こえたのか手を止めてボクを見る。

「どうかしたの?」
「えっと――――」

 何て言えばいいのか、わからなくなってふとんの中に顔を沈めながら勇気を出してこう言った。

「ま、まだ寝ませんから――――付けておいてもいいですか?」

 今日はいろいろと言ってこの人を困らせていた。
 自分がこんなにもわがままだったと思うと恥ずかしくなるばかりだった。

「じゃあ、眠たくなったら教えてね。そのときははずしておくから」
「はい――――」

 わがままのボクを優しく接してくれるこの人がどこまでも嬉しく感じる。
 
「まだ雪が降っているね」

 言われるままにボクも窓を見ると、小さな粒が窓に当たっては水滴になって消えていってた。

「寒くはない?」

 その人はボクの髪を撫でてくる。
 手の温もりを感じるボクは「はい」と答えた。

「あなたは寒くないですか?」
「大丈夫だよ。寒いのには慣れているから」

 またどことなく寂しそうに微笑むその人をボクは言葉を続ける事が出来なかった。

「そうだ、何か食べたいものがあるなら持ってくるけど?」

 眠る前にうさぎさんのリンゴを食べただけなので少しだけお腹が減っていた。

「何か欲しいものはある?」
「なんでもいいです――――」
「そう?じゃあ、何か適当に持ってくるね」

 そう言ってその人はベットの端から立ち上がり部屋を出て行った。
 ドアが閉まると急にさっきまでの安心感が消えて、怖く感じ始めた。
 戻ってくるまでふとんの中に隠れていようと思って、ボクは頭からふとんをかけて『何か』から隠れるようにあの人が戻ってくるのを待った。
経験値2倍期間終了?
 朝起きたら声がでなくて、夢でも見ているのかともってベットから落ちたら痛かったです。
 おはようございます。今日も満身創痍な管理人です。

 さて、今日でROの経験値2倍期間が終わりました。
 まぁ、毎度のことですが、

「ユーザー泣かせのラグ」

 この一言ですね。

 まあ、私のパラディンも予定していたLvよりも少ないですが、まあ、納得できました。

 あとはのんびり毎日を繰り返すだけですね☆
2月突入?♪
 今日目覚めたらなぜか枕を抱きしめていました。
 いえ、別に深い意味はありません……はい。
 抱き枕が欲しいなんて思ってませんよ

 というわけでおはようございます。

 2月といえば……


「ヴァレンタイン!」

 はいはい……もらう予定も差し上げる予定もありませんよ(。T_T)。シクシク

 まあ、毎年のようにRO内でせっせと作るぐらいですね。
 小説の方もなんとかスタートできてホッとしていますが、なるべく時期ものに合わせれたらいいかなぁと思いますが、今の流れでは「無理」ですね(ぁ)

 ROも今のところ必死狩りをしているのであまり面白さには欠けていると思ってUPが控えられてます。
(それは更新をしてないだけだろうっていう突っ込みはなしで♪)
 
 それにしてもこのところ寒い日々が続きますが、健康だけには気をつけることにしましょう……くしゅん(>、<)←ぁ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。